蓄電池システム

家庭用蓄電システムは、大容量の蓄電池を使って、一般のご家庭で使用する電気を蓄えておく装置です。 これまでも工場や商業施設などでは、業務用・産業用として蓄電システムが多数導入されてきましたが、高価でサイズも大型なものがほとんどでした。 近年、リチウムイオン電池の技術が進化してきたことにより、小型化、低価格化が進み、一般住宅でも使用可能な性能、大きさの商品が実用化されています。

家庭用蓄電池システムの役割

災害などで停電になった時に電気を供給する。

もしもの停電時や、計画停電に備えて、大容量の蓄電システムからご家庭に、必要な電力をバックアップします。
蓄電システムからの電力供給は、普段からお使いの非常時兼用コンセントに切り換えるので、突然の停電でもコンセントの差替えなどは不要です。

もしもの停電時や、計画停電に備えて、大容量の蓄電システムからご家庭に、必要な電力をバックアップします。
蓄電システムからの電力供給は、普段からお使いの非常時兼用コンセントに切り換えるので、突然の停電でもコンセントの差替えなどは不要です。

  • 注) 太陽光発電だけの場合、停電時のコンセントは太陽光パワコンの設置場所付近でしか使えませんでしたが、蓄電システムを設置時に、リビングや台所に通常時&非常時兼用コンセントを設置するので、冷蔵庫やテレビの電源ケーブルを差替えすることなくそのまま、ご使用いただけます。

(電気料金の安い)夜間に電気を蓄えて、(電気料金の高い)昼間に電気を使うことで節約する。

料金の安い深夜電力を蓄電池に充電し、朝・夕の電力使用ピーク時に効率よく利用して電気料金の節約を行ったり、昼間に太陽光発電した電力を蓄電システムに蓄え、夜間に活用することで、エネルギーの地産地消に貢献できます。
それぞれのご家庭のお好みに合わせた運転モードをお選びいただけます。

太陽光発電などで発電した電気を蓄えて、必要な時に電気を供給する。

2011年3月に発生した東日本大震災以降、私たちを取り巻く電力環境は大きく変わり始めています。原子力発電に大きく依存してきた電力供給も揺らぎ始めており、電気料金も値上がり出しています。電気はいつでも必要な量だけ使えることが当たり前、という常識が崩れ始めています。
もちろん「災害などへの備え」ということも必要ですが、今後は「電気を賢く使う」ということが重要になるのではないでしょうか。

弊社サービスの流れ

お問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

平日は時間がないという方も安心です。

お問合せ

平日はお仕事で忙しいという方のために、土日もご相談を受け付けております。

お客さまとの対話を重視しています。

無料相談

お客さまとの対話を重視することがモットーです。お客さまのお話にじっくりと耳を傾け、時間をかけて丁寧にヒアリングいたします。

弊社はフォロー体制も充実しております。

ご契約

弊社では、お客さまにご納得いただけないままお手続きを進めるようなことは一切ございません。一つでもご不明点がございましたら、お気軽にお申し付けください。